深在性膿皮症の原因や治療法は?犬の皮膚病その1

病態

皮膚の細菌感染が原因と言われています。

膿皮症は表在性膿皮症と深在性膿皮症があり、

深在性膿皮症は毛包より深い真皮などに感染が起きたものになります。

原因菌としてはStaphylococcus. pseudintermidiusやProteus spp. やPseudomonas spp.,Escherichia coliが多い。

深在性膿皮症は正常な犬では発症することはなく悪化要因があると言われています。

例えば、ニキビダニ症や皮膚糸状菌症、アレルギー性皮膚炎、薬疹、内分泌疾患、脂漏症、免疫不全などの基礎疾患がある場合や心因性のものもある。

ジャーマン・シェパード・ドックの家族性免疫異常のような

症状としては、毛包に膿瘍が形成され、脱毛や浮腫(むくみ)、暗赤色になったりする。

場所は体重のかかる胴体や趾間、鼻や頬や顎に見られやすい。

 

治療

1、抗菌薬の使用

抗生剤は細菌培養検査・薬剤感受性検査をして効果の期待できる抗生剤を使用します。

2、基礎疾患の治療

難治性の膿皮症の場合は基礎疾患がある可能性があります。

ニキビダニ症や皮膚糸状菌症、アレルギー性皮膚炎、もう方の異常、薬疹、内分泌疾患、脂漏症、免疫不全

3、局所療法

病変が限局的で狭い場合は毛刈りをしてクロルヘキシジンなどの消毒薬や、抗生剤の外用薬も使用する場合がある。

予後

原因の治療で良化は期待できるが、完全に治癒することは困難な場合が多いです。

Hello world!

WordPress へようこそ。こちらは最初の投稿です。編集または削除し、コンテンツ作成を始めてください。